“3分20秒のラストメッセージ”スーちゃん肉声に涙…

[ 2011年4月26日 06:00 ]

田中好子さんの遺影の前で弔辞を読み終えあいさつする伊藤蘭

 「キャンディーズ」の元メンバーで、21日に乳がんのため55歳で死去した女優田中好子さんの葬儀・告別式が25日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。アイドル時代からのファンら約2200人が参列。出棺前には、死期を悟った田中さんがキャンディーズの仲間や東日本大震災の被災者にあてて病室で録音していた肉声が紹介された。デビュー当時の歌声が流れる中、ファンは霊柩(きゅう)車に向かって次々と紙テープを投げ、往年のコンサート風景を再現しながら天国への出発を見送った。

 田中さんは、会葬者を想定して自身の肉声を残していた。夫の小達一雄さん(56)が喪主のあいさつで、映画で使うカチンコを持ち出し「女優田中好子の第1章は幕を下ろしましたが、第2章第1幕を本日、スタートさせてあげたい。第2章シーン1、テーク1。用意!」と合図をすると、「こんにちは、田中好子です」と語りかけた。

 亡くなる23日前の3月29日に病室で録音。自分を愛し、支えてくれた人たちに感謝の気持ちを伝え、「特にランさん、ミキさん、ありがとう。2人が大好きでした」。この日、弔辞を読んだキャンディーズの仲間の伊藤蘭(56)と藤村(現・尾身)美樹さん(55)に特別な思いを寄せた。また、「もっともっと女優を続けたかった」と無念さもにじませた。

 演技の時とは違い、消え入りそうな細い声。死期を悟り「天国で、被災された方のお役に立ちたい。それが私の務め」と、震災の被災者を気遣う言葉も。義妹で女優夏目雅子さんが急性骨髄性白血病のため85年に27歳で亡くなった後、「夏目雅子ひまわり基金」が設立されたことに影響を受けたようで、「義妹のように、社会に恩返しを」と遺志を託した。

 遺言のような声は3分20秒続き、小達さんの「カット!OK!」の声で終了。式場では、すすり泣く声が漏れ、ハンカチを当てても涙を拭いきれない参列者が見られた。

 棺に花を入れる最後の別れでは、約10分の予定を大幅に上回り40分続いた。1人でも多くの人に、じっくりとお別れをしてほしいという遺族の意向からだ。伊藤と美樹さんは棺を閉じるまで遺体に寄り添った。

 この間、晴れていた式場上空に黒い雲が広がり、15分にわたって大粒の雨。そして、棺が運び出される際は晴れ上がった。青い棺を乗せた霊柩車が発車すると、「せーのっ!」の合図とともに「スーちゃあーん!」の野太い声が響いた。応援組織「日本キャンディーズ協会」のメンバーを中心としたファンたちが往年のコンサートの様子を再現し、一斉に青い紙テープ300本を投げた。

 車道はキャンディーズ時代の田中さんのイメージカラーだった青一色に。じゅうたんのようになったその上を霊柩車が通り、田中さんは旅立った。法被に鉢巻き姿の50代の男性は「スーちゃん、ありがとう!」と泣き叫び、78年4月4日、旧後楽園球場での解散公演を想起させた。

 この時、73年のデビュー曲「あなたに夢中」も流れた。田中さんがメーンボーカルを務め、もっとも気に入っていた曲。♪あなたのため 生まれたのよ 別れは来ないで…。歌に込めた思いのように田中さんの笑顔と伝説は仲間やファンの心の中で永遠に生き続ける。

 ▽キャンディーズ解散公演 77年7月の公演中に「普通の女の子に戻りたい」と解散宣言し、78年4月に開催。当時の後楽園球場(東京都文京区)に5万5000人を集め、「本当に私たちは幸せでした」との言葉を残した。キャンディーズ公演では客席から舞台に紙テープを投げるのが恒例で、ファンは芯をあらかじめ抜いてメンバーがケガをしないようにした。投げるタイミングも決まっていた。ラストステージでは、それまで以上に大量に投げられ、最後は3人の足元が見えないほどだった。

 ◇主な参列者 伊藤蘭、藤村美樹、渡辺裕之、佐野史郎、岩崎宏美、綾戸智恵、別所哲也、国仲涼子、山田優(以上タレント)、鳩山由紀夫前首相、鳩山邦夫元総務相、酒井政利(プロデューサー)、湯川れい子(作詞家)、藤島親方(元大関武双山) (順不同、敬称略)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月26日のニュース