大島優子 秋元先生から言われた“結局は自分と自分の戦い”

[ 2010年8月24日 18:20 ]

写真集を手に笑顔を見せる大島優子

 人気アイドルユニット「AKB48」の大島優子(21)が24日、写真集「君は、誰のもの?」(光文社、1500円)の発売記念握手会を東京・新宿の福家書店で行った。

 大島が1位に輝いたAKB選抜総選挙が終わった後の6月末にロサンゼルスで撮影。ライブで見せるパワフルでスマイルたっぷりな表情ばかりではなく、「AKBの大所帯では見せない素の表情が入っています」とPRした。
 表紙の写真もタイトルも「秋元(康)先生に決めてもらった」とのことで、「君は、誰のもの?」という意味深な質問には「やっぱり自分ですかね」と即答。「(選挙で1位となってから)悩んでいたときがあって、秋元先生から“結局は自分と自分の戦いなんだ”って言われました」と前述の質問に対する回答を説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年8月24日のニュース