泣いちゃったアヤパン 降板 年内退社を「めざまし…」で報告

[ 2010年8月24日 07:55 ]

フジテレビを年内で退社する高島彩アナウンサー

 フジテレビの高島彩アナウンサー(31)が24日放映の情報番組「めざましテレビ」で9月いっぱいで7年半出演してきた同番組を降板、年内で退社することを報告した。

 番組の途中で高島アナは「ゆっくりする時間がほしい、家族と過ごす時間を持ちたい」と理由を説明。交際4年の人気デュオ「ゆず」の北川悠仁(33)との結婚については触れなかった。
 同番組で一緒に司会を務める大塚範一アナ(61)が降板までの経緯を述べると、目を真っ赤にし思わず涙がこぼれた。
 番組冒頭では降板、退社の考えを報告した後「まだちょっと実感が沸かないんですけど、(降板まで)1カ月以上もありますので、“めざましファミリー”の空気を感じながら、精一いっぱい務めたいと思います」と笑顔で話した。
 高島アナは平2001年フジテレビ入社。03年4月から「めざましテレビ」に出演。女性レギュラー陣の中では最長となる7年半もの間キャスターを務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2010年8月24日のニュース