女2人に食いまくられ、トホホのほんこん

[ 2008年6月24日 06:00 ]

「焼肉 ほんこん亭」営業時間前に大食いの菅原初代(中)と宇都宮まき(左)らに、大切な肉を大量に食べられて肩を落とすほんこん

 大阪府和泉市にオープンした、お笑い芸人のほんこん(45)が経営する「焼肉 ほんこん亭」が23日、“道場破り”に見舞われた。ギャル曽根(22)に勝った大食い王者、魔女こと菅原初代(44)がテレビ収録でサプライズ来襲したもの。大阪は、たむらけんじや小倉優子も店を出す「芸人焼き肉戦争」の舞台。それだけに、商売あがったりとなりかねない事態に、ほんこんは「勘弁して~」と悲鳴をあげた。

 自信満々で今月16日に出店したばかりの「ほんこん亭」に早くも試練が訪れた。関西系バラエティー番組「マルコポロリ!」(日曜後1・00)の収録が同店で23日にあり、ほんこんが後輩にごちそうするコーナーでの出来事だ。
 この日、営業時間前に現れた大食いの新喜劇女優・宇都宮まき(26)。1人前980円の「焼きしゃぶ」10人前を早速、注文。ほんこんもこの程度なら代金もたいしたことないと思っていた。
 番組リポーターのメッセンジャーあいはら(38)から、たむらけんじの「炭火焼肉たむら」との違いを聞かれても「場所が違うから。こっちは家賃が安いから、いい肉が出せる」と余裕の応対をみせていた。
 しかし宇都宮がペースダウンしたときに“魔女”菅原が助っ人でサプライズ登場し状況は一変。10分で15人前を食べる驚異的なペースに「火力が追いつかへん」と脱帽。菅原は「脂が苦手だったけど、ここのはおいしい」と満足げ。ごはんまで注文し「うれしいです」。その横で「悲しいです」とほんこん。
 この日の営業も危うい状況になり「もう勘弁して。道場破りもひどすぎるで」と降参。菅原も同情し腹八分目で終え、事なきを得た。

続きを表示

2008年6月24日のニュース