相武紗季も太鼓判「声がエロい」水嶋ヒロ

[ 2008年6月24日 06:00 ]

結構、さまになってます。アフレコに臨む水嶋ヒロ

 俳優の水嶋ヒロ(24)が米映画「インクレディブル・ハルク」(8月1日公開)の日本語吹き替え版で声優を務めた。米俳優エドワード・ノートン(38)が演じる主人公の科学者ブルース・バナー役。テレビ朝日系「仮面ライダーカブト」で主演してから人気のイケメンだが、声も評判が良くオファーを受けた。アフレコでも、独特の甘い声で熱演。ノートンとは14歳も離れており「意識的に低い声を出した。加減が難しかった」と感想を語った。

 出演するフジテレビドラマ「絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~」(火曜後9・00)は24日に最終回を迎える。共演の相武紗季(23)からも「声がエロい」と言われたという。「昔から自分の声がコンプレックスだった。高くて耳障りというか。でも、この世界に入って意外にも評判が良かったからうれしかった」と話している。

続きを表示

2008年6月24日のニュース