くわばた、ファンへの“説得”通じた

[ 2008年6月24日 10:29 ]

くわばた、消えた…ファンとの“高尾山遠足”

 お笑いコンビ、クワバタオハラのくわばたりえ(32)が23日、自身のブログで無謀な減量に“挑戦”するファンに、健康的なダイエットの重要性を呼びかけた。

 事の発端はあるファンからの書き込みだった。同日に更新した「腰をまわす」の中で、くわばたは効果のある“ダイエット法”について講釈。「腰を回す 腰を回す って考えるよりお腹の筋肉で腰を回すって感じ」などと持論を展開した。この更新に、いつものようにファンから書き込みが集まったが、その中のあるコメントがくわばたの目にとまった。その内容は、目標体重は35キロ、エクササイズDVD「コアリズム」と断食を同時に行っているという、驚くべきものだった。

 これにはくわばたも黙っていられず、同日深夜に再びブログを更新。「哀しい…を通りこして どうこの女の子を説得すればいいんやろか?」と自問。「目標35キロになりたいって女の子の気持ちが全くわからないわけじゃないねん」とした上で、「絶対 体壊すよっ(中略)絶対 数年後 病気なる!」と断言。海外のモデルが自分の脚が太いのを“チャームポイント”と見なし「凄くイキイキしてて 同性からも好かれてる♪」ことを例に挙げ、「ギスギスした生活で35キロになってもイキイキ明るい女の子じゃないと なんの意味もないと思う…」。「ちゃんとご飯食べて 運動して 楽しくやったら?」と健全なダイエットを行うようにうながした。

 幸いにもくわばたの思いが届き、目標35キロを掲げたファンからは「私がまちがってますね…」と返信。くわばたと意見を同じにする別のファンからは、安どのコメントと“改心”したファンを激励する書き込みが相次いだ。

続きを表示

2008年6月24日のニュース