×

井上尚弥に挑戦するアラン・ディパエンが来日 12・14両国国技館で激突 

[ 2021年11月28日 17:07 ]

タイを出国したアラン・ディパエン(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(12月14日、両国国技館)で統一王者・井上尚弥(28=大橋)に挑戦するWBA8位、IBF5位のアラン・ディパエン(30=タイ)が28日、成田空港着の航空機で来日した。大橋ジムの大橋秀行会長が明かした。今後は横浜市内のホテルで14日間の待機期間を過ごすことになる。

 井上にとっては19年11月以来、2年1年ぶりとなる国内での試合で、WBA6度目、IBF4度目の防衛戦。当初はWBC王者のノニト・ドネア(フィリピン)、WBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との統一戦を希望していたが、両者に指名試合の指令が出されたため、年内実現を断念。オファーしたWBA上位ランカーが難色を示す中、唯一、挑戦者として名乗りを上げたのがディパエンだったという。

 試合は映像配信サービス「ひかりTV」「ABEMA」でペイ・パー・ビュー(PPV)方式で生配信される

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年11月28日のニュース