×

大谷の17号ソロにファン歓喜「トラ兄とのback to back」「好球必打の完璧な一発」

[ 2022年6月29日 11:53 ]

ア・リーグ ( 2022年6月28日    エンゼルス―ホワイトソックス )

<エンゼルス・ホワイトソックス>3回2死、大谷が中越えソロ本塁打を放ちベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は28日(日本時間29日)、本拠地エンゼルスタジアムでのホワイトソックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。第2打席で、3試合ぶりの本塁打となる中越え17号ソロアーチを放った。

 この一発にネット上には「トラ兄とのback to back ホームラン」「良かった~!元気の元です」「日本の宝の一人です。どんな外交官にも負けません」「センター方向の最高のホームラン」「好球必打の完璧な一発」「なおえが続いてるので今日は勝ち切って欲しい」などの声が上がった。

 大谷は3回2死の第2打席、1ボール1ストライクからホワイトソックスの先発右腕クエトのツーシームを完ぺきに捉える中越え17号ソロした。25日(同26日)のマリナーズ戦で16号ソロを放って以来3試合ぶりの本塁打で、打球速度は107・1マイル(約172・4キロ)、打球角度29度、打球飛距離は420フィート(約128メートル)。大谷の打席の直前に本塁打したトラウトとのアベック弾は今季4度目、通算18度目で、2者連続弾は今季2度目、通算5度目となった。

 初回2死の第1打席はフルカウントからチェンジアップを捉えて2試合連続安打となる右中間フェンス直撃の二塁打を放った。打球速度は115・2マイル(約185・4キロ)だった。

 前日27日(同28日)のホワイトソックス戦は「3番・DH」で出場し、3打数1安打1四球で1盗塁。通算打撃成績は73試合で277打数72安打、打率・260、16本塁打、47打点、8盗塁となっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月29日のニュース