×

巨人・終盤のピンチでビッグプレー 中田が飛球をスルー、吉川ワンバウンド捕球で併殺とる

[ 2022年4月19日 20:24 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2022年4月19日    東京D )

<巨・広(4)>7回1死一、三塁のピンチで上本(右端)の打球を捕球した吉川(中央)は大盛をタッチアウトにした後、自ら一塁ベースを踏み併殺とする (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人が一、二塁間の頭脳プレーでピンチを脱出した。

 3-0の7回1死一、三塁、打者・上本の打球は一、二塁間への小飛球となった。一塁手・中田が捕球の素振りを見せながら、打球をスルー。後方に位置した二塁手・吉川がワンバウンドで素早く捕球すると、一走・大盛にタッチ。さらに一塁へと走りこんでベースを踏み、打者走者の上本までをアウトにし、併殺を完成させた。一瞬にしてピンチを脱出したビッグプレーに一塁側ベンチも大盛り上がりだった。

 吉川は4回1死、小園のハーフライナーをジャンピングキャッチ。さらに5回1死からは大盛の右翼線の打球をポランコからの中継を受け、三塁へと好送球。大盛を三塁でタッチアウトにするなど、好守備でチームを盛り立てた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月19日のニュース