オリックス・能見「いろいろ話を」 弟子入り志願の伊藤将から質問攻めの毎日 主将の坂本にも助言

[ 2022年1月14日 16:00 ]

<阪神自主トレ>能見(右)とともに自主トレを行う伊藤将(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 オリックスの能見篤史投手(42)が14日、沖縄県内で合同自主トレを行っている阪神の坂本、伊藤将の更なる飛躍に期待を寄せた。

 志願しての初参加となった伊藤将からは質問攻めにあっているそうで「状態が悪いときとかの考え方だったり、配球面とかも。昨年こういうことができなかったと、いろいろ話をしてくる。こういう考え方もあるんじゃないかと話はしてます」と連日、助言を送っていることを明かした。後輩左腕が熱望していた決め球のフォーク伝授には「(自主トレ序盤で)そこまで体ができていないので、これから」と話すにとどめた。

 さらに、今季からキャプテンを務める坂本には気遣いの言葉も口に。「周りを見れるタイプのキャッチャー。そのままでいい。そっち(キャプテン)になるべく偏らない方がいいのかな。そっちもしながら、試合に出るとなると大変。うまくサポートをすれば誠志郎の良さも出るので、まずは試合に出ることを目指してほしい」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2022年1月14日のニュース