×

阪神・坂本新主将「必死について行っている」 左腕2人の意欲に刺激を受けながら優勝への思いを披露

[ 2022年1月14日 16:00 ]

<阪神自主トレ>自主トレを行った(左から)伊藤将、能見、坂本(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神の新主将を務める坂本誠志郎捕手(28)が14日、沖縄県内で行うオリックス・能見篤史投手(42)、阪神・伊藤将司投手(25)との合同自主トレについて、オンライン取材に対応した。

 「順調に来ています。体の使い方とか重心の位置とかを意識してやっている。捕るという部分で重心を意識して、それを投げることにつなげるのが一番のテーマ。試合に出てなんぼだと思うので、出たときにどうするかを考えながらやっている」

 ベテランと2年目、2人の現役左腕との取り組みにも刺激を受けている。「将司が積極的にいろいろ聞いている。ボクの方が乗り遅れないように、必死について行っている感じ」と手応えを感じながら「こだわるのは、やはり一番。優勝するために準備をしっかりしていきたい」と目標を設定していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月14日のニュース