×

阪神・佐藤輝に洗礼 野球知らない子から「おまえ、誰やねん」 少年少女の認知度上げて成績も上げるで

[ 2021年12月10日 05:30 ]

子供たちが見つめる中、ロングティーを披露する阪神・佐藤輝(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝明内野手(22)が9日に西宮市の用海小学校を「ゲストティーチャー」として訪れ、初めて“先生役”を務めた。球団が18年から続けている小学校の体育授業支援事業の一環で同期入団の佐藤蓮、村上、石井大、高寺とともに参加。小学2、3年生の児童約190人と野球を通じて触れあった。生まれ育った地元に凱旋し、子供たちに夢を与える使命を改めて強く自覚した。

 タテジマのユニホームに身を包んだ5選手のサプライズ登場。児童の驚きと喜びに満ちた声が校庭を包んだ。キャッチボールや、ボールを投げてダイヤモンドを一周する「バックホームゲーム」などで交流。“1日先生”を務めた佐藤輝は終始笑みに満ちた表情で過ごした。

 「めっちゃ子供たちが元気で、楽しかった。僕も弟いるんで、どうやって接したら楽しんでもらえるかを考えながらやりました」

 自己紹介では、ひときわ大きな拍手と歓声を受け、ロングティーでは大きな放物線を描いて喜ばせた。「凄く僕のことを知ってくれてたし、うれしかった。もっと目標にしてもらいたいというか、こうなりたいなと思ってもらえるような選手に頑張ってなりたい」。大歓迎と思いきや、思わぬ洗礼もあった。苦笑いしながら明かした。

 「“おまえ、誰やねん”みたいなことを言われたので…。野球を知らない子は(自分のことを)知らないと思うので…。頑張ります!」

 幼心に染みついた関西流のノリか、冗談か…。球団新人記録を塗り替える24本塁打など球界を席巻するほどの存在感を示しても、少年少女の認知度は100%ではない!?「やっぱりホームランだったり、そういう一目で分かるような活躍ができたら、子供たちも喜んでくれると思う」。もっと打ちたい…という活力をもらった。

 生まれ育った西宮市の子供たちを甲子園に招待する“輝明シート”の将来的な設置にも意欲がある。

 「やっぱり子供たちに夢を与えるのがプロ野球選手の仕事というか、使命だと思う。そういうこともやっていきたい。この西宮から野球を続ける子がもっと増えて、タイガースやプロ野球で活躍する選手が出てきたら、一番うれしい」

 午前中の2、3時間目の授業を利用した約2時間の滞在。小学校時代を思い起こし、「原点というか、純粋な気持ちを確認できた。楽しいときも、楽しくないときもありますけど、しんどいときがあるから余計“楽しい”がある。いつまでも忘れずにやっていきたい」と決意を新たにした。(阪井 日向)

 《西宮市長も感謝》西宮市の石井登志郎市長(50)も駆けつけ、「(児童が)本物に触れて興奮している姿を見て、うれしくなりました。こういう機会を用海小の子供たちに与えてくれたことを、本当にうれしく思います」と感謝した。地元出身の佐藤輝についても、「今年大活躍でしたけど、西宮市民としてうれしいな、と。この子供たちから第2の佐藤輝明選手が生まれてくれたらと思います」と願っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月10日のニュース