×

阪神・島本「やってやるという気持ち」 TJ手術から1年経過し来季復活へ気合 藤川氏からの言葉も励みに

[ 2021年12月10日 18:00 ]

契約更改を終え会見に臨んだ島本浩也(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の島本浩也投手(28)が10日、西宮市内で契約更改を行い減額制限いっぱいとなる25%減の年俸2100万円でサインした。(金額は推定)

 昨年11月に左肘のトミー・ジョン手術を受け、今季はリハビリに専念。現在もリハビリの過程でキャッチボール、遠投などで一歩、一歩、前に進んでいる。

 「手術して1年たったんですけど、順調に少しずつ良くなっていっている。来シーズンからしっかり試合で結果出していけるようにと思って毎日やっています」。

 地道に過ごした時間では、同じ手術の経験があるOBの藤川球児氏にも幾度となく励ましの言葉をもらったという。

 「ずっと連絡もらったりして、気持ち的に沈んでいたりしていたんで、そういう時に(手術を)経験されているんで“自分もそういう時もあった”と、いつも気持ちの面で励ましてもらっている」。

 来季は支配下返り咲き、さらには1軍昇格も見据えており「やってやるという気持ち」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月10日のニュース