×

オリ・ドラ3福永 開幕1軍&未来の正妻獲り誓う 「入るからには1年目から戦力になれるように」

[ 2021年12月1日 05:30 ]

福良GM(右)と笑顔を見せるオリックスからドラフト3位指名された国学院大・福永
Photo By スポニチ

 オリックスからドラフト3位指名された国学院大・福永奨捕手(22)が30日、横浜市内のホテルで契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。中高大学で主将を務めたキャプテンシーも武器に開幕1軍入り、そして、将来の正妻獲りを誓った。

 「日本シリーズ進出、パ・リーグを制したチーム。ついていけるようにしたいし、入るからには1年目から戦力になれるように」

 勝ちを知る強肩強打の捕手が25年ぶりのリーグ優勝を果たしたチームに加わる。横浜高では1年からベンチ入りし、3年夏に甲子園出場。最上級生になった今年は4番捕手として東都リーグの春秋連覇に貢献した。

 今季の捕手陣は伏見が最多91試合、山本とバッテリーを組んだ若月が68試合の出場で正捕手争いはし烈。同席した福良淳一GMにも「割って入るだけのものはある」と期待された。「大学で投手の性格や心理を理解することが大事と教わった。そういう部分が大きくなると思う」。山本、宮城ら充実の投手陣との対面を心待ちにした。(湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月1日のニュース