三菱自動車倉敷オーシャンズ ロッテ3位・広畑敦也が好投も初戦敗退「この思いを胸に次の舞台で」

[ 2021年12月1日 21:17 ]

第92回都市対抗野球1回戦   三菱重工West2―1三菱自動車倉敷オーシャンズ ( 2021年12月1日    東京ドーム )

<都市対抗野球 三菱重工West・三菱自動車倉敷オーシャンズ>2番手として登板した三菱自動車倉敷オーシャンズ・広畑(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 「三菱対決」に敗れ、三菱自動車倉敷オーシャンズは初戦敗退となった。

 ロッテからドラフト3位指名を受けた広畑敦也投手(23)は1―2の7回1死二塁の場面で救援登板。一邪飛、見逃し三振でピンチを脱し、8回も無失点で踏ん張った。社会人最後の大会で1回2/3を2安打無失点で終えた右腕は「自分の中でプラスの経験だった。(社会人野球は)人生で一番成長させてくれた2年間だった。この2年間の思いを胸に、次の舞台で頑張っていきたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月1日のニュース