【大谷と一問一答】2戦連発19号 連日の左腕攻略「慣れの部分が大きい」 球宴中間1位は「ありがたい」

[ 2021年6月17日 09:11 ]

試合後のオンライン会見に臨む大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が16日(日本時間17日)、オークランドでのアスレチックス戦に「2番・DH」でフル出場し、2回に2試合連続の本塁打となる19号ソロを放つなど4打数2安打1打点、1得点だった。今季10個目の盗塁も記録。チームは4―8で敗れ、3連敗を喫した。以下、試合後の一問一答。

 ――2日連続で左腕から本塁打を打った。打撃の状態は。
 「最近の状態はまあまあかなと思います。昨日の試合に関しては最後よりは(3打席目の)チャンスで打ちたかったという感じかなと思います」

 ――3打席目のセーフティー安打について。盗塁も決めた。
 「本塁打で1点よりは確率が高いかなと思ったので、確実に出られるところですし、まだ試合もどっちか分からない状態だったので先頭で出た方が有効かなと思いました」

 ――明日の登板で打者で出るかどうか。観客動員も制限がなくなる。
 「チーム状況的にわからないので。けが人もいますし。どうなるか今の時点では分からないですけど、常に行く準備はしたいなと思っています。また満員でできるのですごく楽しみにしています」

 ――本塁打の感触は。6月に入って4本連続で左投手から本塁打を打っている。苦手意識の変化は。
 「元々そんなに苦手だなとは思っていないので、独特の球というか身長が高い投手も多いですし、そういうところでは慣れが必要なのかな多少はあったのかなと思います。数こなしていくうちに右(投手)もそうですけど、慣れの部分が大きいのかなと思います」

 ――明日は投打同時出場というより、投手として連敗を止めることが念頭にあるか。
 「そうですね、このカード以前はいい流れできていたので、もう1回ああいう流れをつくれるように、まずはゲームを投手としてつくれるように頑張りたいと思っています」

 ――球宴ファン投票中間発表のDH部門で2位に大差をつけて1位だった。
 「ありがたいなと思いますね。素晴らしいバッターがDHは多いので。その中でたくさん投票してもらってすごいありがたいなと思います」

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月17日のニュース