慶大・森田が最優秀防御率タイトル 「増居が獲るものだと…」チームメートを逆転に喜び控えめ

[ 2021年5月30日 17:10 ]

東京六大学野球春季リーグ戦最終週最終日 2回戦   慶大2―4早大 ( 2021年5月30日    神宮 )

 前日まで防御率トップの慶大・増居翔太(3年=彦根東)が先発して4回を3失点。登板のなかった森田晃介(4年=慶応)が逆転で最優秀防御率のタイトルを獲得した。

 「タイトルは増居が獲るものだと思ってましたからね。個人的なことより、チームがなぜ負けたかの方をずっと考えてました」。他チームの選手なら喜びを表しただろうが、チームメートを逆転してのタイトルに喜びをぐっと抑えてコメントした。練習の投げ込みから“1球に意図を持って”を実践してきた。「大学選手権でもやることは同じです」と冷静。福井章吾主将(4年=大阪桐蔭)も「リーグ戦もトーナメントのつもりで戦ってきた。野球界に一つしかない天皇杯を獲得できたし、今度は選手権に向けてしっかり準備したい」と優勝に浮かれることなく、次の目標に向かっていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月30日のニュース