誠也が、菊池涼が「闘魂ヘッスラ」見せた 広島が初回に先取点 初登板玉村のために一丸

[ 2021年4月29日 15:36 ]

セ・リーグ   広島ーDeNA ( 2021年4月29日    マツダ )

<広・D(6)>1回1死二塁、広島・鈴木誠は遊撃内野安打を放ち一塁にヘッドスライディング (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は初回の2安打をきっかけに先制に成功した。

 先頭の菊池涼は、1ストライクからの浜口の内角直球を左前に運び、羽月の犠打で1死二塁。鈴木誠は、三遊間への当たりの弱いゴロとなるも、一塁へのヘッドスライディングで内野安打とすると、二塁走者・菊池涼も送球間に三塁に頭から飛び込む好走塁。続く西川が内野ゴロを転がして先制点につながった。

 先発の玉村昇悟投手(20)はプロ初登板初先発。初勝利に向けて援護しようと、先輩野手が初回から闘志を見せた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月29日のニュース