ソフトバンク周東、今季2度目の猛打賞「いいイメージで打席に入れました」

[ 2021年4月9日 20:10 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―楽天 ( 2021年4月9日    楽天生命パーク )

適時打を放つ周東(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの周東佑京内野手(25)が、今季2度目の猛打賞を記録した。9日の楽天戦に「1番・二塁」でスタメン出場。初回に先発・涌井から中前打、3回1死一塁で右前打。0―1の5回1死二塁では、初球カーブを同点適時中前打とし、3打席連続安打をマークした。

 「いい打撃をすることができた。いいイメージで打席に入れました。チームはいい状態なので、今日のカードあたまを取って、いい流れを継続していきたいです」と球団を通じてコメントを出した。

これで、2日の西武戦以来の3安打とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月9日のニュース