阪神・石井大 初の連投で中軸3人斬り 2試合連続無失点でまたも経験値高めた

[ 2021年4月9日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0ー3巨人 ( 2021年4月8日    甲子園 )

<神・巨(3)> 8回、3番手で登板した石井大 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 また一つ、プロとしての経験値を高めた。阪神のドラフト8位・石井大が、自身初連投。前日の下位打線から一転、3番からの上位打線との対決となったが、2試合連続で3者凡退に封じた。

 「プロ入り初の連投となりましたが、昨日に引き続き0点で抑えることができて良かったです」

 真っ向勝負で封じ込んだ。2点劣勢の8回。まずは梶谷をフルカウントから外角高め148キロで空振り三振。4番・岡本和は高めの149キロで一邪飛に仕留めた。最後は大城を宝刀・シンカーで遊飛。わずか14球で難敵を退けた。

 開幕カードのヤクルト戦こそ2試合連続失点だったが、宿敵相手に連夜の好投。甲子園の虎党に、その名を知らしめた。 (須田 麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月9日のニュース