日本ハムのドラフト4位、智弁和歌山の細川が仮契約 「トップに立てる選手目指す」

[ 2020年11月30日 17:48 ]

日本ハムと仮契約した4位・細川と父・佳介さん、母・真理さん
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト4位・細川凌平内野手(18=智弁和歌山)が30日、和歌山市内のホテルで契約金3500万円、年俸520万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。

 50メートル5秒8の俊足を生かし遊撃でも外野でも広い守備範囲を誇り、高校通算23本塁打のパンチ力も期待されている。大渕スカウト部長、担当の林スカウトとの交渉を終えた細川は「しっかりと体を鍛えて、将来はプロ野球のトップに立てる選手を目指す。自分のモデルのグラブを子供たちに使ってもらえるようになりたい」と抱負を語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月30日のニュース