阪神OBの掛布HLT 新主将の大山は「来年かなり飛躍する可能性」 テレビ番組で大胆予言

[ 2020年11月30日 19:09 ]

<阪神宜野座キャンプ>阪神キャンプの視察に訪れ大山悠輔内野手(左)と話す掛布雅之氏(坂田高浩・大阪編集部)
Photo By スポニチ

 阪神OBの掛布雅之HLT(65、HANSHIN LEGEND TELLER)が30日、関西テレビ「報道ランナー」に生出演。新主将に就任した大山の飛躍を予言した。

 「素晴らしいこと。大山はヒーローインタビューでも言葉の力が足りないタイプ。プレーでチームを引っ張っていかないといけない立場になり、言葉でもチームを引っ張るキャプテンになってほしいという矢野監督の思いがあると思うので、どんどんチームの中心で発言してほしい。大山が来年かなり飛躍する可能性がありますね。立場が選手を変えるということがありますから」

 掛布HLTにとっては「4番・三塁」の直系の後輩。2軍監督時代の17年には新人だった大山を指導した経験もある。「もうワンランク上がってほしい。まだまだ、だと思う。相手の決め球を打て。エースの決め球を打ってプライドをずたずたにする。そのために2ストライクを取られる。そうすることによって投手のリズムは一気に崩れるんで。何打席かはそういう打席をつくることで真の4番になるんです」と熱い期待をかけていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月30日のニュース