西部ガスの快進撃止まる Hondaの前に敗れベスト4進出ならず

[ 2020年11月30日 21:10 ]

第91回都市対抗野球大会準々決勝   西部ガス1ー4Honda ( 2020年11月30日    東京D )

<Honda・西部ガス>西部ガス・先発の立石(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 都市対抗初勝利を挙げ、快進撃を続けた西部ガスが準々決勝でHondaに1―4で敗れた。

 先発の右腕・立石は序盤、最速152キロを計測した直球で押すも、3回に内野ゴロの間に先制を許した。球威の落ちた5回は3安打を浴び、4回1/3を3安打3失点で降板した。

 打線はHondaの先発右腕・朝山の多彩な変化球とコーナーに決まる直球のコンビネーションに苦戦した。5回の3者連続見逃し三振など13奪三振で7回零封の好投を許した。

 8回に2番手・米倉を攻め、1点を返すも、反撃はここまで。最終回は3番手の橘に封じられ、試合終了となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月30日のニュース