中日 コロナ禍で飲食なしの球団納会開催 8年ぶりAクラス喜ぶ大島オーナーも「経験したことない納会」

[ 2020年11月30日 20:12 ]

球団納会で談笑する大島オーナー(左)と与田監督
Photo By スポニチ

 中日は30日、名古屋市内のホテルで球団納会を開いた。新型コロナウイルス感染予防のため、出席者は例年の約1/3となる81人で1、2軍両監督や1軍選手らに絞り、コーチ陣や2軍選手、スタッフは参加しなかった。例年は円卓で飲食を取りながらの開催だったが、今年は距離を置いた椅子にマスク着用の上で着席し、あいさつや表彰式のみで約1時間で終了した。

 大島宇一郎オーナーは「8年ぶりのAクラス、本当にありがとう」と感謝。その上で「待ちに待った朗報。ぱっと喜びたいが、マスクを着けて飲食もなし。(コロナ禍で)経験したことのない納会となった」とあいさつした。

 それでも「長い困難な時期を超えて、成長の軌道に乗ることができた」とチームに手応えを感じた様子で「皆で力を合わせ、強いドラゴンズを作り上げ、名古屋を盛り上げて欲しい」と来年に期待を寄せた。

 選手会長の京田は「来年は優勝して与田監督を胴上げできるように、チーム一丸となって頑張っていきたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月30日のニュース