DeNA連勝ストップ 1得点に終わりラミレス監督「松葉はナゴヤドームでいい投球をする」

[ 2020年8月21日 21:22 ]

セ・リーグ   中日3―1DeNA ( 2020年8月21日    ナゴヤD )

<中・D>6回2死一、二塁、ソトの同点となる右前適時打で生還した柴田(左)を迎えるラミレス監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは引き分けを挟んだ連勝が2で止まった。

 同点の8回に石田が2失点を喫して今季初黒星。開幕から抜群の安定感を誇ってきた左腕だけに、ラミレス監督は「残念ながら今日2失点してしまったが、今までいい投球をしているので」と淡々と振り返った。

 打線は松葉の前に7回までソトの適時打による1点のみに封じられた。2、4回といずれも先頭打者が出塁しながら生かせなかった。「打つときもあれば打たないときもあるのが野球。松葉はナゴヤドームだといい投球をする。こちらも対応しようとしたが、なかなかつながらなかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月21日のニュース