戦国大阪に“イケメン超新星”精華・松木平 プロ3球団の前で好投 インドネシア人の父持つ原石

[ 2020年7月19日 05:30 ]

大阪大会1回戦   精華6-2羽衣学園 ( 2020年7月18日    シティ信金スタ )

精華の松木平投手 
Photo By スポニチ

 都道府県高野連が開催する独自代替大会は18日、大阪、東東京などで開幕し、40大会371試合(不戦勝1を含む)が開催された。大阪では今秋ドラフトの隠し玉的存在の精華・松木平優太投手(3年)が3球団スカウトの前で才能の片りんを示した。

 戦国大阪に超新星が現れた。最速145キロを誇る精華の松木平優太投手(3年)が今夏初戦の羽衣学園戦に先発。7回1/3を被安打2の6奪三振、無失点にまとめ、勝利へ導いた。インドネシア人の父を持つイケメン右腕が全国屈指の激戦区を熱くしそうだ。

 「いつもより力んでしまって球は走らなかったです。50点くらいの出来ですね」

 自己採点は低かったが、周囲は一気に騒がしくなってきた。ネット裏には中日、DeNA、ソフトバンクの3球団4人のスカウトが集結。ほぼ無名に近い右腕に熱いまなざしを向けた。中日の中田宗男アマスカウトアドバイザーは「角度のある球、球の質、非常にいいよね。体力がつけばおもしろい」と将来性を評価。ソフトバンクの稲嶺誉スカウトは「ストライク率が高い」と制球力の高さに舌を巻いた。

 野手から転向してわずか1年。実質はじめての夏ともいえる初戦で大器の片りんを見せた。2回は4番・林を外の直球で空振り三振に仕留めると、5番・村田も外角直球で見逃し三振に封じた。この日の最速は139キロ。スライダーにスプリットも操る本格派は次戦を見据えて手の内を隠し、変化球はカーブしか投げなかった。

 幼少期に母を亡くし、祖父母に育てられた。その祖父も昨夏他界し、今は祖母と暮らす。「ハングリーだし、心が強い」と蔭山淳監督。7月上旬の練習試合・履正社戦では自己最速を一気に6キロ更新し、145キロを叩き出した。相手が強大なほど燃える。それが松木平という男だ。「履正社と大阪桐蔭を倒したい」と闘志をたぎらせた。 (吉仲 博幸)

 ◆松木平 優太(まつきひら・ゆうた)2003年(平15)2月24日生まれ、大阪府大阪市出身。小1でソフトボールを始める。大阪市立港南中では港ボーイズに所属。精華では高2の夏から野手でベンチ入りし、昨秋から投手に。直球の最速は145キロ。持ち球はカーブ、スライダー、スプリット。1メートル78、68キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月19日のニュース