楽天ドラ6滝中 プルペンで直球のみ30球、合同自主トレは「凄く充実」

[ 2020年1月15日 20:26 ]

室内練習場でブルペン投球を行う楽天のドラフト6位・滝中
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト6位・滝中(Honda鈴鹿)が15日、仙台市内の2軍施設で行われた新人合同自主トレでブルペン入りした。立った捕手相手に直球のみ30球を投げ込み「まだそんなに力は入れてない。キャンプまでには(捕手を)座らせて投げられたらいい」と今後の見通しを語った。

 ここまでの合同自主トレを「しんどい練習もありますけど、凄く充実した練習が送れている」と振り返った。きついメニューにはランニングを挙げ「体力は高校生には勝てないなとひしひしと感じています」と笑った。25歳右腕は「内角の制球に自信がある、チームの支えととなれるような投手になっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月15日のニュース