恩師の殿堂入り喜ぶ 大久保前慶大監督「本当にダンディーな人」小宮山早大監督「仏のような人」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

<2020野球殿堂入り通知式>記念撮影を行う(前列左から)田淵幸一氏、斉藤惇・理事長、故・前田祐吉氏の息子・大介氏、故・石井連藏氏の息子・拓藏氏、(後列左から)山中正竹・法友野球倶楽部会長、大久保秀昭・慶大野球部前監督、小宮山悟・早大野球部監督 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表。特別表彰では、元慶大監督の故前田祐吉氏と元早大監督の故石井連蔵氏が選出された。

 慶大前監督でJX―ENEOSの大久保秀昭監督と早大の小宮山悟監督が、前田氏と石井氏の教え子としてゲストスピーカーを務めた。

 大久保氏は「(慶大でバッテリーを組んだ)小桧山(雅仁)と迷惑もかけたが、お父さんのように思っていた。野球が全てになっちゃいけないと言っていた。時代を先取って本当にダンディーな人だった」と亡き恩師に思いをはせた。

 小宮山氏は「鬼だと言われたが仏のような人。殿堂入りは跳び上がるくらいうれしかった」と話し、早慶6連戦から今年で60年とあって「特別な一年。今年は容赦せずにいきたい」と引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月15日のニュース