×

ロッテ涌井 楽天へ電撃金銭トレード 19日にも発表

[ 2019年12月19日 05:37 ]

ロッテ・涌井
Photo By スポニチ

 ロッテの涌井秀章投手(33)が金銭トレードで楽天に移籍することが18日、分かった。若手の台頭に加え、オフには楽天からFAで美馬学投手(33)を獲得。涌井が強いこだわりを持つ先発機会を維持するのは難しくなり、美馬の移籍で先発陣が手薄になった楽天と思惑が一致した。両球団で合意に達しており、19日にも発表される。

 13年のオフに国内FA移籍で西武から加わって以来6年間、エースとしてチームを支えた涌井が、ピンストライプのユニホームを脱ぎ、新天地へと踏み出すことが決まった。

 移籍2年目の15年に15勝で3度目の最多勝。16年も10勝し、ロッテで輝きを放った。ただ、17年以降は2桁勝利から遠ざかり「(18番は)チームのエースが背負う番号。そんな存在になれたらと思った」と今季は背番号16から「18」へ変更。決意のシーズンだったが、3勝に終わった。

 一方、チームでは高卒3年目の種市が石川に並ぶトップタイの8勝を挙げたほか、二木、岩下、小島、土肥、佐々木千と若手の先発候補が次々と台頭。オフのドラフトで4球団が競合した163キロ右腕・佐々木朗(大船渡)も入団し、若返りの流れは止まらない。

 今季8月1日に2軍落ちして以降1軍での先発機会はなかった。このオフは楽天からFA移籍で美馬が加わり、来季は希望する先発機会はさらに減る。17年オフに海外FA宣言して残留し、移籍の自由がないエースを球団は功労者と認定。希望の「先発」ができる移籍先を探してきた。

 楽天も今季は則本昂が5勝、岸が3勝に終わり、FA移籍で美馬が抜ける。守護神・松井の先発転向はあるが、先発は手薄で通算133勝右腕は補強ポイントに合致。当初は1対1のトレードも検討されたが、ロッテは球団初の「FAダブル獲り」などオフの補強は順調なこともあり、よりまとまりやすい金銭で合意に達した。

 西武からロッテへ移籍した理由も「先発」だった。真っさらなマウンドにこだわり続ける33歳右腕が、来季3球団目のユニホームに袖を通すことになる。

 ◆涌井 秀章(わくい・ひであき)1986年(昭61)6月21日生まれ、千葉県出身の33歳。横浜高では2年春のセンバツ準優勝、3年夏は8強入りし、国体でも優勝を飾った。04年ドラフト1巡目で西武入り。13年オフにロッテにFA移籍。07、09、15年に最多勝、09年は沢村賞も獲得した。1メートル85、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2019年12月19日のニュース