ソフトB、無死満塁サヨナラ絶好機生かせずドロー 救援陣の零封リレーに工藤監督「よく頑張った」

[ 2019年6月17日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク2-2DeNA ( 2019年6月16日    ヤフオクD )

8回1死、ソロを放った甲斐を出迎える工藤監督(左から3人目)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは延長12回無死満塁というサヨナラの絶好機であと1本が出ず、今季4度目の引き分け。森ヘッドコーチは「負けに等しい引き分け」と唇をかんだ。

 それでも交流戦は単独首位、リーグ戦は2位タイに浮上。守護神の森が右上腕部の張りで離脱した中で6人の救援陣が無失点リレーし、工藤監督は「ほぼほぼ全員を使ってでもと思っていた。みんなよく頑張った」と称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月17日のニュース