ロッテ交流戦4カード連続負け越し 井口監督「勝てる試合を取れていない」

[ 2019年6月17日 22:41 ]

交流戦   ロッテ4-5中日 ( 2019年6月17日    ZOZOマリン )

中日に敗れ、頭を下げて引き揚げる井口監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテ打線は中日先発のロメロからは4点を奪うも、一歩及ばず。11三振を奪われる展開に、井口監督は「まっすぐと緩急にやられた」と悔やんだ。

 プロ入り初登板となった先発の中村稔については「点を取られた4回だけリズムが悪かった。初登板で周りが足を引っ張って、ああいう形になってしまったな」と、ルーキーをかばうコメント。今後については「来週は1度(登録)抹消して、また考えたい」と、今のところ未定とした。

 これで交流戦4カード連続負け越しとなったが、「勝てる試合を取れていない。交流戦に入って投手陣が踏ん張り切れなくなってきている」と、勝負所で失点するピッチャー陣の奮起を促していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月17日のニュース