日本ハム・大田、東海大相模&古巣の先輩・菅野と初対決 先制打も逆転許し「攻める投球された」

[ 2019年6月17日 05:30 ]

交流戦   日本ハム3-7巨人 ( 2019年6月16日    札幌D )

初回、菅野から適時打を放つ大田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは逆転負けで6カードぶりに3連戦負け越しを喫した。16年まで巨人に在籍した大田が、初回に東海大相模の1学年先輩にあたる菅野とのプロ初対決で中越え適時二塁打を放つなど3点を先制。「いい投手」と意識していた先輩を崩しかけたが、打線は2回以降は立ち直った右腕の前にゼロ行進で「(逆転されて)余裕が生まれ、攻める投球をされた」と大田。

 栗山監督も「我々が点を取れなかったということ」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月17日のニュース