巨人・坂本、エースを援護V2点打 4回腰の張りで交代も原監督「大したことありません」 

[ 2019年6月17日 05:30 ]

交流戦   巨人7-3日本ハム ( 2019年6月16日    札幌D )

2回2死二、三塁、坂本は左前に2点適時打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇がエースを援護した。菅野が3点を先制された直後の2回。炭谷の右前適時打などで同点としてなお2死二、三塁。坂本勇が杉浦の外角スライダーに腕を伸ばして左前へ運んだ。「みんながつないでくれたチャンスだったので、食らいついていきました」。決勝の2点打を放った主将は一塁ベース上でベンチに向かってピースサイン。5安打5得点のビッグイニングを演出した。

 4回に四球で出塁すると代走を送られて交代。原監督は「ちょっと腰が張っているということなので。大したことありません」と説明した。18日のオリックス戦も出場する見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月17日のニュース