巨人の守護神・中川、プロ初黒星 先頭打者の長打「反省です」

[ 2019年6月9日 05:30 ]

交流戦   巨人5ー6ロッテ ( 2019年6月8日    東京D )

9回から登板した中川 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 4年目で現在抑えを務める巨人の左腕・中川がプロ初黒星を喫した。1点リードの9回に2安打で同点に追いつかれ「先頭の長打は得点になる可能性が高い。反省です」。2死一、二塁で降板。

 代わった田原も連打を許して計4点を奪われ、連勝が2で止まった。3連投だった中川は、試合前時点で2勝7セーブ8ホールドで防御率0.64とブルペンを支えてきた。原監督は「多少疲れも。でもそんなことを言っている場合じゃないし。こういうときもあるでしょう」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月9日のニュース