DeNA楠本、プロ初本塁打が代打逆転満塁弾!史上2人目 久保俊巳以来44年ぶり

[ 2019年6月9日 17:47 ]

交流戦   DeNA6―4西武 ( 2019年6月9日    横浜 )

8回2死、プロ初本塁打となる代打満塁弾を放った楠本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの楠本泰史外野手(23)が9日の西武戦(横浜)の8回2死から代打逆転満塁本塁打を放った。

 2年目の楠本はこれが初本塁打。プロ初本塁打が代打満塁本塁打は、96年の塩谷和彦(阪神)以来史上7人目の記録となった。

 また、初本塁打が代打逆転満塁本塁打は、75年の久保俊巳(広島)以来史上2人目。実に44年ぶりとなる記録が生まれた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月9日のニュース