巨人・原監督 野球殿堂入りを祝う会に出席 すでに「戦闘モードに立っている」と宣言

[ 2019年1月13日 19:17 ]

<巨人・原監督就任・殿堂入りを祝う会>笑顔で祝辞に拍手を送る原監督(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は13日、母校の東海大などが開いた「読売巨人軍監督就任・野球殿堂入りを祝う会」に出席した。

 東海大関係者ら約750人を前に「1月を迎えて、自分の中ではお祝い気分というのはもう吹っ飛んでおります。戦闘モードに立っているつもりでおります。そういう中、今日は皆さんが集まって頂きお祝いをしてくれてるということで、感謝の気持ちを持ちながら、少し、お祝い気分に浸ろうかなと思っております」と挨拶に立った。

 箱根駅伝で初の総合優勝を飾った湊谷主将らから花束を受け取った。「駅伝というのは2日間に渡って、長きに楽しめる。私もOBの一人として感激しました」。指揮官。競技こそ違うが、母校の後輩たちの偉業に穏やかね笑みを浮かべ、目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月13日のニュース