浅村 東京五輪目指す!2年連続「3割30本100打点」に意欲

[ 2019年1月13日 05:30 ]

サッカーボールを使って汗を流す楽天・浅村(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の浅村栄斗内野手(28)が12日、愛媛県今治市内で行っている自主トレを報道陣に公開した。昨季終了後、西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使して移籍。2年連続となる「3割、30本、100打点」を今季の目標に改めて掲げ、来年に迫った東京五輪出場への意欲も初めて語った。

 自主トレの場所も練習メニューも移籍前と変わらない。ただ、浅村はグラブとスパイクは楽天のチームカラーの赤色をベースに新調した。「赤は好きですし。形は一緒だけど、今年から(チームが)この色になるので」。新天地に懸ける思いが道具にも表れていた。

 「今までと違うプレッシャーはあるけど、昨年以上にやってやるぞという気持ちは強い。3割、30本、100打点はクリアしたい」

 昨季は打率・310、32本塁打、127打点を記録。12月の楽天入団会見で「キャリアハイ」を目標に掲げたのに続き、3部門のノルマを明確に口にした。2年連続で3割、30発、100打点をクリアすれば15、16年のヤクルト・山田哲以来。パ・リーグではダイエー・ソフトバンクで03〜05年に達成した松中信彦以来となる。「チームに貢献した結果、自分の成績にもつながれば」と言い切った。

 楽天のリーグ優勝と日本一を最大の目標に掲げるが、その先に20年の東京五輪を見据えている。「侍ジャパンに選んでもらえる成績を残したい。そういう意味でも今季は大事」。昨年11月の日米野球は代表入りしなかったが、同僚だった秋山、山川、外崎、源田、森の姿に刺激を受けた。「西武の選手がたくさん選ばれていて、余計にあの中でやりたいという気持ちになった」。野球選手としての本能が「日の丸」への思いを強くさせた。

 15年から始めた今治自主トレには今年も外崎が名を連ねている。山川や森も元メンバーで、多くの侍戦士を出してきた。「シーズンとは違うプレッシャーは、自分の人生にとって大きな経験になる」と浅村。今年からは敵同士になる西武勢と、東京五輪で同じユニホームを着て戦う。その夢をかなえるためにも、新天地で実力を存分に見せつける。(重光 晋太郎)

 ≪13年小久保ジャパンで初招集≫浅村の初代表は小久保ジャパン初陣となった13年11月の台湾遠征。3試合全てに「5番・一塁」で先発出場し11打数4安打、打率.364。18年には稲葉ジャパンのトップチーム初陣となったオーストラリア戦に5番で2試合出場、6打数1安打、打率.167だった。

 ≪楽天所属選手出場08年マー君だけ≫05年に球団が創設された楽天の所属選手が五輪に出場したのは08年北京の田中将大だけで野手はいない。田中は予選リーグのキューバ、オランダ、米国戦にいずれも中継ぎで登板し7回無失点。米国戦では5回を2安打3奪三振と好投。準決勝、3位決定戦の登板はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月13日のニュース