西武・辻監督 マ軍決定の雄星にエール「自分らしく力出し切れ」

[ 2019年1月3日 05:30 ]

来場したファンにサイン色紙を手渡す(左から)伊藤、今井、辻監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 西武・辻監督が、埼玉県所沢市内の西武所沢店で行われたトークショーに今井、伊藤と参加し、マリナーズと契約合意した菊池について「日数が限られて期限が決まっていたから一安心」と安どし、「(環境的に)シアトルならやりやすいと思う」と話した。

 昨季14勝を挙げ、リーグ優勝に導いたエース左腕には「ちょっと神経質なところがあるが、自分らしく、ケガなく、持っている力を出し切ってやってほしい」とエール。菊池や浅村が抜ける穴は大きいが「代わりに出てきた人がやらないと上昇はない」ときっぱり。それでも元日に初詣に訪れた増上寺でのおみくじは、昨年と同じ大吉を引き当てて幸先のいいスタートとなり「2連覇目指して頑張ります」と意気込んだ。 (武本 万里絵)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月3日のニュース