西武・辻監督 新生ライオンズの新主将は「秋山しかいない」

[ 2019年1月1日 05:30 ]

西武の秋山
Photo By スポニチ

 西武・辻監督が、新主将に秋山を指名することを明かした。

 「エース(菊池)、セカンド(浅村)とセンターラインがごっそり抜けて、新しいチームになる。そのキャプテンを任せられるのは、秋山しかいない」。昨季まで主将を務めた浅村が楽天にFA移籍。辻監督が「新生ライオンズ」と位置付けるチームを託す。

 「渡辺SD(現GM)とも話して主将を置かないという話も出たけど、やっぱり主将制度を続けた方がいい」と指揮官。浅村が抜けた穴は大きいが、リーグ連覇に向け、秋山にけん引役を任せる。秋山は順調なら今季中に海外FA権を取得。メジャー移籍も視野に入れているが、まずは今季、結果を残すことに全力を尽くす。辻監督は今後、正式に打診する意向で、近日中にも秋山主将が誕生する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月1日のニュース