センバツ出場36校決定 初出場10校 滋賀から最多3校

[ 2018年1月26日 15:41 ]

砂浜でトレーニングする膳所(滋賀)ナイン
Photo By スポニチ

 第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園、準々決勝翌日の休養日1日含む)の出場校を決める選考委員会が26日に開かれ、21世紀枠を含む出場36校が決定した。

 21世紀枠で出場するのは由利工(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)の3校。由利工、伊万里はともに春夏通じて初の甲子園出場。

 センバツ最多出場は2年ぶり29回目の出場となった東海地区の東邦(愛知)。一般選考で選ばれた高校の中でセンバツ初出場となったのは明秀日立(茨城)、中央学院(千葉)、日本航空石川(石川)、乙訓(京都)、おかやま山陽(岡山)、下関国際(山口)、松山聖陵(愛媛)、富島(宮崎)の8校。滋賀からは21世紀枠の膳所を含め最多の3校が出場する。

 90回目と節目の今大会は例年より4校多い36校が出場。一般選考が4校増の32校、21世紀枠は3校、神宮大会枠は1校で変わらない。地区別内訳では第89回大会と比べ、東北、北信越、東海が1枠増加。計5校選出された中国・四国が各地区から3校選出された。

 ▽全出場校一覧 【北海道地区】駒大苫小牧【東北地区】聖光学院(福島)、花巻東(岩手)、日大山形(山形)【関東・東京地区】明秀日立(茨城)、国学院栃木(栃木)、中央学院(千葉)、東海大相模(神奈川)、慶応義塾(神奈川)、日大三(東京)【東海地区】静岡(静岡)、東邦(愛知)、三重(三重)【北信越地区】富山商(富山)、日本航空石川(石川)、星稜(石川)【近畿地区】近江(滋賀)、彦根東(滋賀)、乙訓(京都)、大阪桐蔭(大阪)、智弁学園(奈良)、智弁和歌山(和歌山)【中国地区】おかやま山陽(岡山)、瀬戸内(広島)、下関国際(山口)【四国地区】英明(香川)、松山聖陵(愛媛)、明徳義塾(高知)、高知(高知)【九州地区】東筑(福岡)、創成館(長崎)、富島(宮崎)、延岡学園(宮崎)【21世紀枠】由利工(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月26日のニュース