阪神 連夜のサヨナラ勝ち!代打・隼太劇打 4連敗のDeNAは巨人とゲーム差なし

[ 2017年9月10日 22:00 ]

セ・リーグ   阪神7―6DeNA ( 2017年9月10日    甲子園 )

<神・D>9回2死満塁、右越えにサヨナラ打を放ちドリス(中央)、坂本(右)らナインに手荒く祝福される伊藤隼
Photo By スポニチ

 阪神が、同点の9回に代打・伊藤隼の右越え打で連夜のサヨナラ勝ちで3連勝を飾り、シーズン勝率5割以上を決めた。

 先頭の鳥谷が四球で出塁。糸井も右前打で続いて無死一、二塁に。続く俊介が送れず1死となったものの、福留の時に三上の暴投で二、三塁に。福留は敬遠気味の四球で満塁となり、大山は三振で2死となったが、代打の伊藤隼が右越えに決勝打を放った。2戦連続サヨナラ勝利は2年ぶり。同一カード3連勝で首位・広島の優勝マジックは5のまま。

 4連敗のDeNAはクライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位・巨人にゲーム差なしとされた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月10日のニュース