阪神メッセ手術していた 右足骨折で米帰国中 CS見据え決断 

[ 2017年8月27日 05:30 ]

10日の巨人戦で右足を骨折したメッセンジャー
Photo By スポニチ

 右足を骨折し、米国に一時帰国している阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が手術を受けていたことが26日、分かった。

 進出する可能性のあるCSでの復帰を見据えた決断で「ボルトかプレートを入れたみたい。(手術は)治りを早くするためでしょう。(CSで)当てにしているよ」と香田投手コーチ。近日中に再来日してリハビリを開始する予定だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2017年8月27日のニュース