ソフトB和田 通算1500奪三振達成 142日ぶり登板 節目は井口から

[ 2017年8月27日 13:55 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2017年8月27日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>ソフトバンク先発・和田
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの和田毅投手(36)が27日、本拠地ヤフオクドームで行われたロッテ戦に先発し、史上51人目となる通算1500奪三振を達成した。

 5月に左ひじを手術、4月7日の西武戦以来142日ぶりの登板。1500奪三振まであと「6」として臨んだマウンドで、1回に大嶺翔、清田から連続で空振り三振を奪うと、2回に中村から、4回に大嶺翔、清田、井口と3者連続三振に仕留め、節目の記録に到達した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月27日のニュース