元広島、ダイエーの河野昌人氏死去 39歳 シドニー五輪代表

[ 2017年6月17日 05:30 ]

河野昌人氏
Photo By スポニチ

 シドニー五輪代表で、広島などで活躍した河野昌人(かわの・まさと)氏が16日、虚血性心疾患のため死去した。39歳。佐賀県出身。15日にホークスジュニアアカデミー佐賀校の講師を務め、その夜、食事した後、帰宅したが、佐賀市内の自宅前のガードレールの横で仰向けで死亡しているのが、翌朝発見された。通夜は17日午後6時、葬儀・告別式は18日午後0時半から、いずれも佐賀市東佐賀町6の21、リバース典礼会館東佐賀=(電)0952(27)0078=で。喪主は父義則(よしのり)氏。

 河野氏は龍谷高から96年ドラフト3位で広島に入団。松坂、杉内らと00年シドニー五輪日本代表に選出され、3試合に登板した。04年にダイエーに移籍したが、同年限りで現役引退。通算成績は110試合で7勝16敗10セーブ、防御率5・82。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月17日のニュース