ヤクルト山中 地元で粘投「何ができるのかを考える機会になった」

[ 2017年4月19日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―3巨人 ( 2017年4月18日    熊本 )

<巨・ヤ>7回2失点と力投した山中
Photo By スポニチ

 熊本県出身のヤクルト・山中が地元で先発し7回2失点。9安打を許しながらも要所を抑えたが、初回、5回に失点し「先取点を与えて、中押し点を許した。そこを反省しないといけない」と反省が口をついた。

 昨年4月に故郷が地震に襲われた。この日は特別なマウンド。白星は届けられなかったが「昨日、空港に着いて、改めて自分に何ができるのかを考える機会になった。大きなことは言えないが、自分のプレーで何かを感じてくれたらうれしい」と思いを語った。ただ、打線がわずか3安打の零敗。借金も今季ワーストの5となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年4月19日のニュース