オリドラ8沢田が仮契約 元同僚・藤浪に「早く追いつけるよう」

[ 2016年11月30日 05:30 ]

仮契約を終えオリックス・由田スカウト(左)と握手をする沢田
Photo By スポニチ

 オリックスは29日、ドラフト8位で指名した立教大の沢田圭佑投手(22)と入団交渉し、契約金2000万円、年俸700万円で合意した。背番号も49に決定。

 大阪桐蔭で阪神・藤浪と同級生だった右腕は、「(藤浪とは)リーグは違うが、日本を代表する投手。早く追いついていけるように頑張りたい」と抱負を口にした。

 実はドラフト当日、真っ先に藤浪から連絡が来たという。「あいつはテレビ中継を見ていて、僕はネットで見てたから、あいつから『おめでとう』とラインが来て指名を知りました」。プロで場数を踏む藤浪先輩は心強い存在ではあるが、「(藤浪の控えと)言われないように、チーム内で認めてもらえるよう頑張りたい」と、今後はモチベーションの1つとなりそうだ。

 すでにプロ仕様のボディーに変身。リーグ戦後から減量して8キロ減の94キロとなり「ものすごく体が軽い」という。立大ではリーグ現役最多の366回1/3を投げたタフネスさが売りで、「プロでも毎日いけと言われたらいく」と宣言。1年目から大車輪の働きを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月30日のニュース