イチ「壊れた信号機」指示で憤死 歓声がブーイングに

[ 2016年6月20日 05:30 ]

<マーリンズ・ロッキーズ>7回無死一塁、三本間で憤死するイチロー

ナ・リーグ マーリンズ9―6ロッキーズ

(6月18日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは7回に代打で出場もストレートの四球。大歓声はブーイングに変わった。この後、次打者の右中間二塁打で一気に三塁へ。だが、「壊れた信号機」と揶揄(やゆ)されるレニー・ハリス三塁コーチは、三塁手前で減速していた42歳に、急きょ本塁へ突っ込む指示を出し、三本間で挟まれて憤死した。

 13日のパドレス戦で得点した際には「僕、見てないですから」と話していたイチローだが、今回はコーチの指示が目に入ったことがあだとなってしまった。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年6月20日のニュース