広島リリーフ陣好投「みんなでつくった試合」

[ 2016年6月20日 05:30 ]

<広・オ>5番手で8回から登板したジャクソン

交流戦 広島5-4オリックス

(6月19日 マツダ)
 広島はリリーフ陣の好投が逆転勝利を呼び込んだ。先発・中村恭が3回4失点で降板。しかし4回から5投手が無失点でリレーし、5回以降は一人の走者も許さなかった。

 2番手で2回無失点の九里は「投げろと言われたところで投げるだけ。しっかり0点でつなげた」。8回の1イニングを抑えて2勝目を手にしたジャクソンも「みんなでつくった試合」とうなずいた。緒方監督も「中継ぎ陣が踏ん張ったのが勝ちにつながった」と、開口一番で称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年6月20日のニュース