栗山マルチで1500安打「田辺監督と死ぬほど練習してきた」

[ 2016年6月20日 09:40 ]

<ヤ・西>1500本安打達成のボードを掲げる栗山

交流戦 西武7-5ヤクルト

(6月19日 神宮)
 西武の栗山が史上120人目の通算1500安打を達成した。4回に中越え適時二塁打を放つと、8回にも秋吉の外角直球を左前に運んで節目の記録に到達。「(2本目の左方向への)打球は田辺監督と死ぬほど練習してきた。その成果が出せた」。

 新人時代に2軍打撃コーチだった田辺監督の教えを受け、これまで安打を積み重ねてきた。主将として試合中には先発・多和田に「点を取ってやるから」と声を掛け、6回には勝ち越しの犠飛。2安打2四球2打点の活躍で、ルーキーにプロ初勝利を贈った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月20日のニュース