13日途中交代の楽天・岡島を抹消 椎間関節炎の診断、軽症

[ 2016年4月14日 17:11 ]

 楽天の岡島豪郎外野手(26)が14日、出場選手登録を抹消された。

 岡島は13日のロッテ戦(コボスタ宮城)で腰の違和感を訴え、5回からベンチに退いた。この日、福島県内の病院で検査を受け「椎間関節炎」と診断。全治は未定だが軽度といい、2日間、安静の後、患部の状態を見ながら練習を再開する。岡島に代わり島内が1軍に昇格した。

 岡島は開幕から全15試合、「1番・右翼」で先発出場。打率・317と好調を維持していた。梨田監督は聖沢、福田ら他の外野手陣に触れ「レギュラー獲りに向けてアピールして欲しい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月14日のニュース